くつろぎ家具で最高のリラックスタイムを演出

リクライニングソファをはじめとするソファの種類

ソファは日本語に訳すと長椅子というとおり、本来では3人がけ程度の背もたれのある 椅子のことをいいます。現在では一人用のシングルソファ、二人用のカップルソファなどというものもソファの一員になっています。

さらに激安のソファなどのように目的に合わせて特化したソファも多く、それぞれ違った名前がつけられています。ソファにどんな種類があるのか、を紹介して行きます。

リクライニングソファとは?

背もたれを倒すことが出来るのがリクライニングソファです。
このリクライニングは大抵 段階的に倒す事が出来るので、自分好みのポジションを選択できます。

また、3ピース式 のものでは中央部分を前に倒して肘掛代わり、またはミニテーブルとして使用できるものもあります。なお、背もたれに身体を預ける構造のために背もたれが深くなっているのも 特徴です。

リクライニングソファのメリット

「自分で背もたれの角度を調整できる」というのがどれくらい楽なのかは自動車のリクライニングシートを使ったことがあれば理解していただけるかと思います。

リクライニングソファは自分で調整することができるので、かなりの範囲をカバーできるのがメリットです。ソファベッドと同じように、リクライニングソファは、安らぎの空間作りには必須の家具となっています。

リクライニングソファのデメリット

リクライニングソファにはそれほど目立ったデメリットはありません。

リクライニングソファは、可動部分が多いので その分どうしても構造が弱めになること、カウチソファほどではないですが、背もたれを倒せば場所をとること、背もたれが高いのでややインテリア家具としてみると圧迫感があることぐらいですが、“強いて言えば”といったレベルのものです。リクライニングソファは優秀なソファなのです。

リクライニングソファの種類

リクライニングソファは座面がリクライニングと同時に前面にせり出すものと、背もたれ だけが倒れるものがあります

くつろぎを最優先するリクライニングソファではどちらの種類も豊富にあります。
このリクライニングの可動方法による違いを紹介します。

座面が前にせり出す方式のリクライニングソファ

これは背もたれを倒すと座面が前方にスライドしていくものです。

くつろぎ度も高く、気分 的にも身体的にもかなり楽なソファです。デメリットとして値段がどうしても割高になること、構造が複雑なのでやや弱いこと、場所を多めに使うことが挙げられます。

背もたれだけが倒れる方式のリクライニングソファ

逆にこちらはリクライニング部分の背もたれだけがばったり倒せるタイプです。
物によっては後ろだけでなく、前にも倒せると言うものもあります。

分割されたリクライニングソファでは片側だけを倒して簡易 テーブルやドリンクホルダー代わりに使えるものもあります。全体的なくつろぎ度は座面 スライド式にかないませんが、値段も安くなりますし、前面に倒せるのは意外と便利、 などいくつものメリットがあります。

リクライニングソファがおすすめな人

リクライニングソファは、カウチソファほど場所はとらないし、ややフォーマルなので自宅の応接室、リビング、ホームシアタールームなどどこにでも置けてしまいます。

リクライニング部分をある程度倒せば仮眠を取るのにもいいし、使いどころの多いソファでは ないでしょうか。自宅でゆっくり映画を楽しみたい人などには、リクライニングは特におすすめです。

リクライニングソファ購入時のポイント

購入時には大きさと家具やインテリアとの相性をチェックします。
加えてリクライニングソファを設置する場合、大事なのが後ろや前に余裕があるかどうかということ。

背もたれをばたっと倒しそれにプラス自分の頭の分を計算に入れて設置しましょう。 このリクライニングがスムーズに行われるか、力やコツが必要でないかといったところもあわせてチェックしておきます。