くつろぎ家具で最高のリラックスタイムを演出

ソファのお手入れ

普段からお手入れを気にしていれば、痛みも少なく、いつでも快適にソファが使えます。
ここでは日常のお手入れとして、掃除方法や、洗濯などについて紹介していきます。

間違えた掃除をするとかえってソファ生地を痛めかねません。ソファベッドで快適な睡眠を取る為にも、まずはここを読んで正しい掃除の仕方を選んでください。

素材別お掃除方法

それではここから素材にあわせた掃除方法を紹介して行きます。

布系ソファのお掃除方法

ポリエステル100%のもの以外はほぼ一緒で、普通に掃除機をかけて大丈夫です。この際に、ブラッシングブラシタイプの吸い込みを利用するとさらにいいです。ない場合には、柔らかいブラシで汚れを掃きだしましょう。

ポリエステル100%のものは、掃除は一緒でかまいませんが、嬉しい特性として水ぶき出来るという特徴を持っています。一通り掃除を終えた後、汚れが気になる場所に水をつけた布でトントンっと叩くときれいになります。

ただし、生地が傷むのでこすらないことと、洗剤を利用した場合は洗剤成分が残らないように拭き取ることを忘れないようにしましょう。

合皮系ソファのお掃除方法

合皮系は、引っかくと傷がつきやすいので掃除機は避けましょう。

その代わり合皮の特性としてもともと汚れにくく、汚れが取りやすいという特徴がありますので、通常ではきれいな布で乾拭きで十分です。あまりに汚れが酷い場合は洗剤を溶かした溶剤で軽く拭き、洗剤成分が残らないようにふき取ります。

ポイントはあまり力を入れてこすらないこと!かえって表面が毛羽立ったりしますから、ソファのデザインを壊さないように、軽く優しく拭いてあげましょう。

本革ソファのお掃除方法

本革には目がありますのでそれにあわせて優しくブラッシングをしてあげます。

掃除機でホコリを吸い込むときは革表面に直接触れないようにし、傷を作らないようにします。汚れが目立つ部分はぬるま湯に浸して固く絞った布でトントンとするか、市販の革用クリーナーなどを使うのも良いです。

ただ、このクリーナーは相性があるのでまずは目立たない場所で試してから必ず使用して下さい。

ソファの洗濯について

まずは合皮、本革ですが洗濯はしない方が良いです。通常これらは本体と離れないように全張りされていますので、不可能な場合が多いです。布地のほうはカバーリングソファ(全張りされていなく、生地だけを外せるもの)であれば大抵お洗濯できます。

ただし自宅で洗えるものはポリエステル製のもの、その中でもポリエステルの比率がかなり高いものだけです。こうした布地は優しく手洗い(お湯は厳禁。30度以内のぬるま湯で)することが出来ます。

干すときは必ず陰干しにし、絶対に脱水機にかけたり、絞ったりしないでください。それ以外の布地はプロであるクリーニング屋さんに任せて、ソファの種類にあったドライクリーニングで洗濯してもらいましょう。

ソファカバーのすすめ

汚れがついてしまうとかなり大変なのがソファのお掃除。ソファカバーをしておけば心配の種が減ります。大きな布をシートや背もたれに掛けておくだけでも、随分と違います。生地は出来るだけ丸洗いできるような素材を選択すると汚しても安心です。

もうひとつ、合成繊維や化学繊維のソファに、同系統のソファカバーを使うと滑りやすくなります。ですのでこういった組み合わせを避けるか、固定できるようにするのがおすすめです。