くつろぎ家具で最高のリラックスタイムを演出

カウチソファをはじめとするソファの種類

ソファは日本語に訳すと長椅子というとおり、本来では3人がけ程度の背もたれのある椅子のことをいいます。現在では一人用のシングルソファ、二人用のカップルソファなどというものも上質なソファの一員になっています。

さらに目的に合わせて特化したソファも多く、それぞれ違った名前がつけられています。ソファやソファベッドどんな種類があるのか、を紹介して行きます。

カウチソファとは?

普通のソファのうち、片側だけが大きく前に伸びているデザインのものです。上から見るとL字型になります。セットでは座面が広いのでゆうゆうと足を伸ばすことができます。まさにくつろぎソファといえます。

なお、現在では座面が前に出ていないタイプ、ただまっすぐなタイプのものでもカウチソファという場合がありますから注意してください。いずれにせよ横たわってのんびり出来るソファということで共通しています。

カウチソファのメリット

カウチソファは、ベッドと言ってもいいくらいに広いので、大変にのんびりと手足を伸ばすことができます。ゆったりくつろぐには最高のソファといえます。

また、カウチを厳密に訳すと「ソファよりも背もたれが低い長椅子」となります。今ではほとんど区別されていませんが、この背もたれの低さもゴロゴロするのにはたまらないポイントになっています。

カウチソファのデメリット

最大のデメリットは大きいというところです。この大きさはカウチソファ最大のメリットでありますが、デメリットでもあるわけです。残念ながら、ソファベッドのように折りたたみ出来るというものではないので、場所を要求されます。

カウチソファの種類

カウチソファの種類は、座面が縦長な部分と普通の片肘ソファが組み合わされた形状の名称なので、種類というものは特にありませんが、連結方式や高さなどによっていくつかに分けることも出来ます。

完全連結方式

これは金具などを利用してカウチソファセットそのものをしっかりと固定するタイプのものです。これのメリットは安定するということ。ソファ同士の隙間に足が挟まってもずれていったりしません。どっしりしているのはそのまま気分的にも頼もしく思えるので、精神的な安定もあります。

連結しない方式

こちらはまったく連結しないか、または不安定な生地をクッション下に敷いて連結するものです。不安定で、背もたれ代わりに使用するとその部分だけがずるずる逃げていくということになりがちです。逆に思い立ったらすぐにレイアウトを変えたり、向きを変えたりできるのがいいところです。

カウチソファがおすすめな人

まずは決定的にオフィスや応接室など、あまり親しくない人が入ってくるような場所ではおすすめできません

。このカウチソファを設置するのに適した部屋はある程度の広さがあって、くつろぐのが目的の部屋であること。場所をとる替わりに抜群の居住性があるので、ホームシアターを設置しているようなお部屋で、とことんくつろぎたい人におすすめです。

カウチソファ購入時のポイント

まずは大きいということを考えて、ソファを起きたい部屋に置けるスペースがあるか?または置いた後手狭な印象をあたえないか?などを考えます。次はその部屋で何人がくつろぐか?も考えます。

基本的に自分ひとりだけならシングルサイズで良いし、複数がくつろぐなら大きめにして、足置き用の台などを補助で用意するのもおすすめです。カウチソファには大抵専用の足置き用の台が用意されていますので購入時に確認しておきましょう。

素材は、長時間座ることが多いので、座った時に心地よさよりも長時間座っても気持ちいいかを考えます。あまり柔らかくて身体がぐっと沈みこむタイプは長時間では疲れてきますので、適度な固さを選択します。

あとは、汚れにくいか掃除しやすいデザインのものが実用的です。ソファベッドのインテリアとして、横に並べてみても素敵ですね。

Last update:2016/7/11